岡村靖幸

■岡村靖幸(おかむら・やすゆき)

 

□肩書き

 歌手 作曲家 音楽プロデューサー

 

□生年

 1965(昭和40)08.14(獅子座/B型)

 

□出身地

 兵庫県神戸市垂水区

 

□出身校

 新潟東高校中退

 

□略歴(満年齢)

 86年(21歳)シングル「OUT OF BLUE」でデビュー。

 90年(25歳) 映画「Peach どんなことをしてほしいのぼくに」に主演。

 ※他の主なシングル:

  「だいすき」「どぉなっちゃってんだよ」「カルアミルク」

 ※他の主なアルバム:

  「靖幸」「早熟」「家庭教師」

 ※他の主な出演:

  ラジオ「SFロックステーション」

 

□サイズ

 182㎝

■岡村靖幸

 

□幼少時代〜

・父親はエールフランス勤務。

・妹がいる。

・3歳の頃に大阪の千里ニュータウンに引っ越した。

・父親の転勤で頻繁に引っ越した。小中学校時代に7回転校(最短は1ヵ月)。

 イギリス・ロンドン、九州・筑紫、新潟、関西・夙川などに住んでいた。

・両親を「お父ちゃま」「お母ちゃま」と呼んでいた。

・4〜6歳の頃、イギリス・ロンドンに住んでいた。

 ロンドンの小学校に1年通い、日本に帰国後に幼稚園からやり直した。

・将来探偵かスパイになりたいと思っていた。

・小3の頃、自分の意志で洋楽を聴き始めた。

・ポップス、ロック、フォーク、歌謡曲と様々な音楽に親しんだ。

 曲を聴きながらライナーノーツや歌詞カードを熟読するのが大好きだった。

 テレビの歌番組をよく見た(「ベストテン」「夜のヒットスタジオ」など)。

・小学校時代、同級生の女の子と仲良くなって学校から一緒に帰った。

 その女の子が他の男の子を好きになってフラれた。

・中学時代、3人組のフォークバンドを結成して文化祭でライブをした。

・中学〜高校時代、バスケットボール部。上下関係が厳しかった。

・高校時代、新潟でひとり暮らしをした。

・17歳の時、向こうからアプローチされた女の子と交際してセックスを初体験。

 本気で好きになり始めた頃に「本命の彼氏がいるからもう会えない」と言われてフラれた。

 忘れようと苦しんでいた数ヵ月後に酔った彼女がからかいの電話を何度もかけてきた。

 その失恋のショックでその後10年間彼女ができなかった。

・高校時代、部屋に機材を揃えてひとりで音楽を作った。

 高2の頃には感覚的に「自分の音楽」に確信を持ち始めていた。

・高校時代、ナイトクラブでベース演奏のアルバイトをした。

 

□私生活

・健康法…えのき氷。トレーニング。

・好きなマンガ…「ボーイズ・オン・ザ・ラン」。

・好きな歌手…井上陽水。

・ドキュメンタリー作品が好き。

・浅草が好き。

・他人の性生活、性意識が気になる。初対面でいきなり訊く。

・好きなタイプ…健気な女性。

 
*最終更新日:2013年12月2日